【実録あり】PayPayポイント運用を実際にやってみたよ

普段の買い物でもらえるPayPayポイントやdポイント、Vポイントなどを使って投資ができる「ポイント投資」が人気になっています。
新NISAが始まったことで高まってきた投資熱ですが、本格的に投資を始めるのはちょっと迷っている、こんな人にポイント投資はおすすめです。

この記事はPRを含みます。

ミニぶた
ミニぶた
こんにちは、ミニぶた(@mini__buta134)です。みるるちゃんがPayPayポイント投資をやっているって聞いたけど、調子はどう?
ミニぶたちゃん、私はPayPayポイント投資を始めて5ヶ月くらいなの。これまでの投資結果を報告するね!
みるる
みるる
スポンサーリンク

私がPayPayポイント運用をやってみた経過報告

私みるるは、2023年12月の終わりくらいからPayPayポイント運用を始めました。
最初は持っているPayPayポイント500ポイントくらいから始めた記憶があります。

PayPayポイント投資は2種類ある!

まず、PayPayポイント投資には2種類あります。「PayPay資産運用」と「PayPayポイント運用」です。
後ほど詳しく説明しますが、PayPayポイント運用だとPayPayアプリでそのまま投資ができて、PayPay証券の口座開設をする必要がありません。
私は、PayPayポイント運用を選び、更にその中でチャレンジコースというものを選びました。
スタンダードコースの約3倍の値動きをするといういわゆる「チャレンジングな」コースなのです。
私の考えでは、元々無料でもらったポイントなので少しリスクを取って楽しみたいなと思ったのでチャレンジコースを選びました。
PayPayポイント投資の5つの種類
スポンサーリンク

PayPayポイント運用のポイントの増え方

1月、2月、3月、4月、5月の毎月のポイントの増え方をお見せしますね!
PayPayポイント運用のポイントの増え方

1月 2月 3月 4月 5月
元本ポイント 8,499円 15,410円 15,828円 18,501円 25,203円
運用利益 12.15% 14.86% 23.89% 26.05% 26.53%
利益額 1,033円 2,290円 3,782円 4,820円 6,686円
トータル金額 9,532円 17,700円 19,610円 23,321円 31,889円

まず、こちらが2024年1月のものです。
運用利益は+12.15%で金額でいうと1,033円でした。
全体の金額は8,499円になりました!
PayPayポイント投資1月分

こちらが2024年2月のものです。
投資するポイントも少しずつ増やしていますのでトータル額も増えています。
運用利益は+14.86%で金額でいうと2,290円でした。
全体の金額は15,410円になりました!
PayPayポイント投資2月分

こちらが2024年3月のものです。
運用利益は+23.89%で金額でいうと3,782円でした。
全体の金額は15,828円になりました!
PayPayポイント投資3月分

こちらが2024年4月のものです。
運用利益は+26.05%で金額でいうと4,820円でした。
全体の金額は23,321円になりました!
PayPayポイント投資4月分

こちらが2024年5月のものです。
運用利益は+26.53%で金額でいうと6,686円でした。
全体の金額は31,889円になりました!
ここまでくるとずいぶん利益率も良くなっていますね。
PayPayポイント投資5月分
これからまだ投資ポイント数も増やしていきますし、期間を置くことで複利も期待できると思うのでまたしばらく経った頃にこのページで報告もさせて頂きたいと思っています。
スポンサーリンク


PayPayポイント投資とは

2023年4月8日からPayPay証券で、投資信託や株を購入できるポイント投資サービスが始まりました。
PayPayポイント投資には2種類あり、「PayPayポイント資産運用」と「PayPayポイント運用」です。
下記にわかりやすく表にまとめました。

PayPay資産運用 PayPayポイント運用
PayPayマネー ×
PayPayポイント
PayPay

マネーライト

× ×
PayPay銀行 ×
クレジット

(投資信託の積立のみ)

×
選べる銘柄

(コース)

450銘柄

(コース)以上

5コース
リターン あり* なし
分配金・配当金 あり なし
証券口座開設 必要 不要

*銘柄によっては分配金・配当金がない場合もあります。

PayPayポイント運用のやり方

PayPayポイント運用は、普段のお買い物やオンライン決済に利用している「PayPay」アプリ 内で利用できます。
PayPayのホーム画面から資産運用のページに移動できます。

PayPayポイント運用の手数料

PayPayポイント運用では、ポイント追加時に手数料がかかる場合があります。
100円以上を追加する場合、追加額に対して1%(スプレッド相当)の手数料がかかります。
なので、私はまとまったポイント額を追加せずに、99円ずつちまちま追加しています。笑

PayPayポイント資産運用の種類

初心者の人も気軽に始めることができるPayPayポイント資産運用ですが、投資信託やETF、NISAに利用できます。

PayPayポイントで投資ができる種類

①投資信託

投資信託は、投資家から集めた資金を専門家が資産運用し、成果が出れば投資家に分配するという金融商品です。
専門家が国や地域、資産を分散して投資するのでリスクを軽減できます。

②ETF

ETFとはExchange Traded Fundsの略で、日本語では「上場投資信託」と呼ばれています。
一般的な投資信託とは違い、証券取引所に上場しているため、個別の株式と同様に証券会社を通じて取引所で売買することができます。

③NISA

NISAは株式や投資信託の配当金や分配金、値上がりで得られた利益が非課税になる制度で、PayPayポイントでつみたて投資ができます。

いずれの投資もPayPayポイントが利用できますが、PayPay証券の口座開設が必要です。
少し面倒に感じるかもしれませんが、PayPayアプリで完結する上、最短3分で完了するので簡単に申込が可能です。
スポンサーリンク

PayPayポイントの貯め方

お店に行くと、レジ近くにPayPay使えますという看板を良く見かけますよね。
PayPayポイントは、PayPayで決済をするとポイントが付与される仕組みです。
PayPayポイント投資にも利用できるポイントはどうやって貯めたらいいのかご紹介していきます。

PayPayポイントを貯める方法

①実店舗での支払いでポイントを貯める

セブンイレブンやローソンなどのコンビニや100均のダイソー、ツルハなどのドラッグストアなど日本全国にPayPay加盟店があるので、PayPayで支払うとポイントが貯まります。

②ネットショッピングの支払いでポイントを貯める

Yahoo!ショッピングやUberEatsなどのネットショッピングで買い物をする時にPayPay決済を選び、支払いをするとポイントが貯まります。
更にLYPプレミアムに入会するとPayPayポイント1,000円分とYahoo!ショッピングクーポン合わせて、なんと3,000円分ももらえます!

 

③キャンペーンでポイントを貯める

PayPayでは超PayPay祭りや自治体など毎月行われるキャンペーンでポイントを貯めることができます。

④PayPayクーポンを獲得してポイントを貯める

事前に配布されているクーポンを獲得し、対象のお店で利用するとポイントがおとくにもらえます。
また、ソフトバンクユーザーやLYPプレミアム会員の人は限定クーポンもあります。

⑤スタンプカードでポイントを貯める

PayPayアプリ内で対象のお店のスタンプカードを追加しておくことで、支払いをすると自動的にスタンプが追加されます。
スタンプが貯まるとPayPayポイントなどがもらえるサービスがあります。
スポンサーリンク


PayPayポイント投資のメリット・デメリット

〇メリット
  • 自己資金を使用せず投資ができる
  • 1ポイントから投資できる
  • 全ての取扱い銘柄・商品で投資ができる
×デメリット
  • 現金投資ができない
  • 現金化できない
  • 元本保証がない

PayPayポイント投資のメリット

・自己資金を使用せず投資ができる

投資が初めての人にとっては、いきなり自己資金を使って投資をするのに抵抗や不安を感じたりするのではないでしょうか。
しかし、PayPayポイント投資は買い物なので付与されたポイントを使って投資ができるので、気軽な気持ちで投資を運用することができます。

・1ポイントから投資できる

投資と聞くと多大な投資資金が必要かもと思うかもしれませんが、PayPayポイント投資は1ポイント(1円)から株式投資や投資信託を始められます。
ただし最低購入金額は100円以上1円単位となります。

・全ての取扱い銘柄・商品で投資ができる

PayPayは投資信託、米国株、日本株合わせ450銘柄を用意しています。
しかもポイントを利用して全ての銘柄から選んで投資することができるのが良いですね。

PayPayポイント投資のデメリット

・現金投資ができない

PayPayポイント運用はPayPayポイントとPayPay銀行、PayPayマネー、クレジットが利用でき、現金は利用できません。
その代わり自己資金なく投資運用ができるので心理的負担も軽減します。

・現金化できない

PayPayポイント投資は利益が出た場合、PayPayマネーとして還元されるので現金化できません。
ただ、日常でPayPayを利用して買い物をしている人はPayPayマネーが増える利点があります。

・元本保証がない

PayPayポイント投資が元本保証がされていない投資商品です。
株価の変動で利益が出ることもありますが、損失をする可能性もあります。
スポンサーリンク

PayPayポイント投資に関するよくある質問

PayPayポイント投資に関するよくある質問を集めてみました。

PayPayポイントは投資に使える?

PayPayポイントは投資に使うことができます。その際には、PayPay証券に口座を開く必要があります。

PayPayポイントは資産運用で出金できますか?

PayPayポイントは資産運用で出金できません。

PayPayポイントで証券は買えるの?

PayPayポイントは証券を買うときに使うことができます。その際、PayPay証券の口座開設が必要になります。
PayPay残高(PayPayマネー)やPayPayポイント、PayPay銀行の普通預金口座の残高で有価証券を買うことができます。

PayPayポイントから資産運用できますか?

PayPayポイントから資産運用する場合はPayPayアプリからできます。