鵜の木駅近くにある『早川製麺所』の手作り麺が絶品!立ち喰いそば屋もあるよ

東急多摩川線“鵜の木駅”の近くにある『早川製麺所』のご紹介です(^ ^)

早川製麺所
今は珍しい製麺所

ここの手作りの麺がモチモチで、と~っても美味しいんです!

早川製麺所ではうどんやそばの麺だけでなく、スープの素や揚げ物などのトッピングも売られています。麺はどれも安心の手作り無添加!

早川製麺所の売り場
麺もトッピングも種類が豊富

昔は製麺所があちこちにあったそうですが、今はあまり見かけなくなりましたよね。

昼時になると、調理済みの焼きそば(人気☆)やうどんを買いに行列ができるほど!遠方から買いに来る人も多いそう。夕方には売り切れていることも。大晦日は年越しそばを買い求める人の列がすごい…。

私は焼きそばの蒸し麺を購入。太くて食べ応えがあって大のお気に入り❤︎こちらの蒸し麺を食べてからハマってしまい、食卓に麺料理が頻繁に登場するように☆麺類は冷蔵庫で3日くらいは日持ちするので、ついまとめて買ってしまいます。

焼きそば
↑写真は3玉分

定番の「ソース焼きそば」や「塩焼きそば」も美味しいけれど、最近我が家でよく食べているのが、料理研究家の栗原心平さんのレシピ☆パパが作ってくれます。

男子ごはん『きくらげと豚肉のまぜそば』

まぜそば
色々な食感が楽しめるよ

《材料》

きくらげ 20g

豚肩ロース肉しゃぶしゃぶ用 200g

塩 小さじ1/3

黒コショウ 適量

ザーサイ 20g

しょうが(千切りにする) 1片

万能ねぎ 6本

焼きそば用蒸し麺 2玉

ごま油 大さじ1

卵 2個

《合わせ調味料》

湯 150㏄

顆粒鶏がらスープの素 小さじ1/2

オイスターソース 小さじ2

酒 小さじ1

しょうゆ 小さじ1

片栗粉 小さじ1

《作り方》

1、きくらげは水につけて戻しておく。その後、水気をしぼって細切りにする。豚肉は1㎝幅に切り、塩こしょうで下味をつける。

2、ザーサイ、しょうがは千切りにする。万能ねぎは小口切りにする。

スープの調味料を混ぜ合わせておく。

3、焼きそばは、600Wの電子レンジで2分間加熱する。こうしておくことで麺がほぐれやすくなり、パサパサになるのを防ぎます。(←ポイント!)フライパンを熱して焼きそばをほぐしながら加えて炒める。カリカリの焼き目が少しついたら、いったん取り出しておく。麺に焦げ目がつくことで餡が絡みやすくなる。

4、フライパンを熱してごま油をひき、豚肉を入れて中火にして炒める。肉の色が変わったらきくらげ、ザーサイを加えて炒める。

油が全体に回ったらよく混ぜたスープの調味料を加え、混ぜながらとろみをつける。

5、しょうがは香りを残すために最後に加え、焼きそばを戻し入れたら強火で炒め合わせる。

6、器に盛り付け、真ん中を少しへこませ卵を割り入れる。万能ねぎ、黒こしょうをたっぷり振って出来上がり!

卵は熱いうちによく混ぜて食べるのがおすすめ♪

5歳の息子も大好物♡辛みのあるザーサイは抜いてあげています。

お得情報☆早川製麺所の『生中華麺』が、土曜日はなんと30円引きに。ラーメン好きはうれしいですね。麺の太さも選べますよ。

早川製麺所売り場
どれにしようか迷っちゃう

そして製麺所の裏手には、立ち喰いそば屋『はや川』があります。あまり目立たない場所にあるから、ちょっとわかりづらいかも。基本立ち喰いですが、椅子も用意されてます。

立ち喰いそば屋はや川
製麺所の裏手にあるよ

暖簾をくぐると…どこか昔懐かしい昭和の雰囲が漂います。タイムスリップしたみたい!こういう場所は本当に貴重。年季の入ったメニュー表も良い味出してる♡なんだかほっとします。

メニュー表
メニューも色々あるよ

そばだけじゃなく、カレーなどのご飯ものもあります。立ち喰い食堂みたいな。朝早くから開いているようで、利用客も多いみたいです。

立ち喰いそば屋店内
天ぷら、コロッケも!

価格もリーズナブルでお財布に優しい~。製麺所の美味しい麺を堪能できます。

商店街で長年頑張っているお店、これからも応援していきたいな(๑>◡<๑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です